結婚式に守っておきなたい3つのマナーを紹介します


親族やお友達が出席する場合

花嫁であれば、ネイルをしても問題はありませんが、親族やお友達が出席する場合に派手なネイルをしていくのはマナー違反です。新郎新婦の立場になれば分かるかと思いますが、親族やお友達が目立つ格好をしていれば、あまり気分の良いものではありません。そのため親族やお友達が出席する場合は、出来るだけワンカラーのネイルにしておきましょう。カラーも赤など目立つ色ではなくて、ベージュやクリア系の色を選びます。あくまでも新郎新婦が主役であることを忘れずに、控えめなネイルで出席するのが望ましいのです。

花嫁がネイルをする場合のカラーは?

花嫁は花婿同様に結婚式の主役ですから、親族やお友達より目立って問題はありません。それでも、ネイルはアクセサリーというよりも清潔感がある身だしなみとして付けるのが基本です。オススメのカラーはベージュやピンク・クリア系の色です。少しぐらいはラメやストーンをさりげなく付けても大丈夫でしょう。ただし、ストーンは小さめのものを選んでおくことが大事です。あまり派手なネイルにしたら、花婿のご両親の方に常識のない花嫁と思われるからです。

シーン別にネイルデザインを変えましょう

結婚式には「挙式」や「披露宴」と「二次会」など、3つのシーンがあって、シーンごとに合うネイルがあるのです。まず挙式に合うネイルは、清潔感があって控えめなネイルにしましょう。バージンロードを歩く場合の挙式もあるので、親族やお友達のかた達に多く見られるからです。披露宴になれば、少し大きめのストーンなどを付けても問題ありません。ただし、あまり派手過ぎないように気をつけたほうが良いです。二次会はどのようなネイルにしても、特に問題はありませんが、それでもあまり目立ち過ぎないネイルにしておきましょう。

ネイリストは細かい作業なのでやはり手先の器用さは不可欠です。また、かわいいものから大人っぽいものまで対応できるようなデザインセンスも必要です。